電話に出る時のひとこと「もしもし?」はスペイン語で何と言う?

電話を受ける時の「もしもし?」。
スペイン語でどのように言うかは、国によって異なります。

メキシコでは ¿Bueno?、コロンビアでは ¿Aló? ということが多いようですが、スペインでは¿Sí?¿Diga? と言うのが一般的です。

¿Dígame?

スペインでは、丁寧に電話を受けるなら ¿Dígame? がベストでしょう。
digaは「話す」という意味の動詞decirの命令形、meは「私に」という意味の代名詞です。

meを伴わず ¿Diga? だけでもOKです。

¿Quién es?

「どちらさまですか?」と尋ねる場合は、このように言ってみてください。

電話の受け言葉として ¿Sí? は短くて使いやすいのですが、このひとことを利用した悪徳業者が問題となったことがありました。
Sí は「はい」という了解の意味があります。そこで電話に出た相手の「はい」の言葉を自動取得し、商品購入の承諾を取ったことにして金額を請求するという業者がありました。そのような詐欺に引っかからないように、くれぐれも気を付けてくださいね。


プロロゴでスペイン語レッスンは…

マドリッド在住のスペイン人教師によるネイティブレッスン

日本語が話せるので、必要に応じて日本語でも解説します

日本国内、スペイン語圏各地からのオンラインレッスンも可能です


日本で10年スペイン語を教えていた経験を持つネイティブ教師が対応します。

info@prologo.jp

Pro LogoのTwitterでは、すぐに使える便利なスペイン語フレーズを紹介しています。フォローしてスペイン語学習に役立ててください!